ある葬儀の風景 view

自分史「満州奮闘記」

自分史「満州奮闘記」

ある日のご葬儀です。

 

前回のブログで「我が家の記録」を書き残した故人の事を書きましたが、

今回は自分史を書き残した101歳のおばあちゃんの話です。

ご自身の満州での就職、結婚、終戦、引き揚げを書き、それを「満州奮闘記」として自費出版。

 

90代のある日、自分の体験を後世に残したいと、チラシの裏に書き始めたのだそうです。それまで、特にメモをとっていらしたわけでもなく、記憶をたどりながら一気に書き上げ、息子さんがいろいろ調べて裏付けをとっていかれたのだそうです。

約70年前の事を振り返って書かれたわけですが、当時の出来事に(プライベートなことにさえ)日付まであるのが驚きでした。

まさに「自分史」です。初めは冊子にでも出来ればいいとのお考えだったようですが、かなりの量の文章になり、息子さんが自費出版し周りの方に配ったとのことでした。

 

「まだ読んでいない」と言っていた若いひ孫ちゃんたち。

おばぁちゃんが生きた『想像を絶する世界』をどう感じてくれるのか・・・

ご高齢になってからもエッセイの通信教育を受けるなど、いくつになってもチャレンジ精神を忘れず、イキイキと輝いていたおばあちゃん。

楽しく生きることがモットーであるかのようにいつでも笑顔だったおばあちゃん。

 

思い出と共に一冊の本は、ご家族にとって大きな支えになることでしょう。

自分の知らない世界だけれど、それは紛れもなく自分のルーツなのですから・・・

 

「自分史」は葬儀においても、何よりもその人を表現できるツールです。

 

皆さんも「自分史」書いてみませんか?

 

ブログ記事一覧

記事一覧

代表者(森田理恵子)
プロフィール

経歴

1980年3月

鹿児島短期大学音楽科卒業。

ピアノ講師として子どもや大人のレッスンをする傍ら、婚礼でエレクトーン・ピアノ演奏をしていたが、1998年、縁あって某大手葬儀社にて司会・ピアノ演奏・アテンダント・控室の清掃など、葬儀現場の女性の仕事を請け負うようになる。 葬儀現場における様々な業務に従事し、葬儀を一から学ぶ。

2001年
有限会社エムアール・コーポレーションを設立。
2007年

ある思いからその某大手葬儀社との契約を解除。

社員・スタッフはその葬儀社に移籍、一人でゼロからの再スタート。

2015年
一般社団法人自分史活用推進協議会認定 自分史活用アドバイザー資格取得。
2017年
一般社団法人グリーフサポート研究所認定 グリーフサポートバディ資格取得。
2018年現在

約10社からの司会・ピアノ演奏の依頼を受け、スタッフを派遣。自らも司会者として奮闘中。

もっとご遺族の為にできることがあるのではとの想いから2015年より、株式会社ジーエスアイで、以前から興味のあったグリーフサポートを学ぶ。

2018年
一般社団法人グリーフサポート研究所認定 セレブラント資格取得予定。

ページトップ

有限会社エムアールコーポレーション

鹿児島市伊敷1丁目14-8TEL:080-2708-3087 FAX:099-833-3026Mail:madoguchi@deainosougi.com

Copyright (c) であいのそうぎドットコム All Rights Reserved.