ある葬儀の風景 view

喪主様の手紙

喪主様の手紙

ある日のご葬儀です。

 

ご遺族との打ち合わせの場に行くと、喪主である奥様が「主人のことを手紙に書いたの。いえ、書こうとしているんだけど、なかなかまとまらなくて・・・」と何枚ものメモ用紙を見せて下さいました。

途中まで書いては、そこから進まず、また初めから書いて、途中で止めて・・

やはり、大切なご主人を亡くされ、混乱していらっしゃるでしょうし、集中力も低下していらっしゃるのでしょう。

想いを文章化するのが、難しそうでした。

でも、「表現したい」という想いは伝わってきます。

 

「私がお話をお聴き致します。一緒に書き上げませんか?」とご提案。

ホッとされた表情になった喪主様でした。

 

まず、お手紙を拝見しました。

故人らしさが書かれた幾つかのエピソード。その一つ一つを詳しく教えていただきました。そして、前日からお渡ししてあるお人柄シートも見せていただき、2人の娘さんからもお話をお伺いしました。

 

全てとは言いませんが、ご遺族ってずっと悲しい表情だけではないんです。

どこかで笑う時間もあるんです。それは、決して不謹慎などではなく、ご遺族にとって必要な時間なのだろうと思います。

そういう時は、私も笑ってお話を聴きます。時には笑い声も起こりますし、私は突っ込みを入れたりします。「あっ、失礼しました~」って皆で笑ったり・・・

 

けれど、もちろん涙もあります。

この打ち合わせもそうでした、和やかに笑いながら話された後、ほんの一週間ほど前迎えたお正月の話は泣きながらでした。

一年前、病気がわかり、自宅療養を望んだご主人。

懸命にリハビリに励み、孫たちが遊びに来て、リハビリを手伝ってくれると、感謝の言葉をかけていらしたそうです。そして、家族が集まり、奥様の手料理で迎えた賑やかな新年。

皆が帰ったあと、ご主人が奥様に声を掛けたそうです。

「新年を迎えられて、ありがとう。お世話になったね。」って

 

「お世話になりますじゃなかったのよ。お世話になったね」って言ったんですよ。

そう長くないと分かっていたのでしょうね。

その言葉に、主人と二人して泣きました。

「こちらこそ、ありがとうございました。」お互いに感謝しながら、泣きました。

ただただ、泣きました。

そう話してくださった奥様の目にも涙。

 

ご夫婦の、悲しくも素敵なひとときだったのではないでしょうか?

 

代表謝辞は故人のご兄弟でしたので、喪主様の話は、喪主様から会葬者へのお礼のお手紙としてまとめ、代読と言う形で読みました。

 

閉式後、喪主様から「本当にありがとうございました。」と言われましたので、

「お聴きしたことをまとめただけです。あれは喪主様の言葉です。ですので、良かったら、ご自宅にお送りいたしますが」と申し上げたところ是非という事でご自宅に送りました。

私が学んでいる株式会社ジーエスアイの「大切な人を亡くしたとき」という小冊子を添えて・・・

 

そして、後日、お礼の電話をいただきました。「みんな、あの手紙が良かったって言ってくれてね~ ありがとうございました。葬儀社の社長さんにあなたのことを言っておくからね。良くしてもらったって・・・」

 

ご葬儀は悲しみの中の儀式ですが、良かった~と思える思い出深い儀式になったのなら、葬儀は意義のある儀式だと感じていただけるだろう、そのためのお手伝いをしたいと改めて感じた私でした。

ブログ記事一覧

記事一覧

代表者(森田理恵子)
プロフィール

経歴

1980年3月

鹿児島短期大学音楽科卒業。

ピアノ講師として子どもや大人のレッスンをする傍ら、婚礼でエレクトーン・ピアノ演奏をしていたが、1998年、縁あって某大手葬儀社にて司会・ピアノ演奏・アテンダント・控室の清掃など、葬儀現場の女性の仕事を請け負うようになる。 葬儀現場における様々な業務に従事し、葬儀を一から学ぶ。

2001年
有限会社エムアール・コーポレーションを設立。
2007年

ある思いからその某大手葬儀社との契約を解除。

社員・スタッフはその葬儀社に移籍、一人でゼロからの再スタート。

2015年
一般社団法人自分史活用推進協議会認定 自分史活用アドバイザー資格取得。
2017年
一般社団法人グリーフサポート研究所認定 グリーフサポートバディ資格取得。
2018年現在

約10社からの司会・ピアノ演奏の依頼を受け、スタッフを派遣。自らも司会者として奮闘中。

もっとご遺族の為にできることがあるのではとの想いから2015年より、株式会社ジーエスアイで、以前から興味のあったグリーフサポートを学ぶ。

2018年
一般社団法人グリーフサポート研究所認定 セレブラント資格取得予定。

ページトップ

有限会社エムアールコーポレーション

鹿児島市伊敷1丁目14-8TEL:090-1510-8889 FAX:099-833-3026Mail:madoguchi@deainosougi.com

当サイトではGoogle Analyticsを利用しています。Google社が収集している情報やその使用方法についてはこちらをご参照ください。
Copyright (c) であいのそうぎドットコム All Rights Reserved.