ある葬儀の風景 view

手書きのお礼状と歌でのご出棺

手書きのお礼状と歌でのご出棺

 ある日のご葬儀です。

 その日のお礼状(返礼品に添えられた、会葬者へのお礼の挨拶と遺族の名前が綴られた印刷物)は手書きのお礼状でした。3人の子どもさんそれぞれが書かれたお父さんへの感謝の気持ちと、ご縁のあった皆さんへの感謝が綴られていたのです。

 奥様と子どもさん方と、お孫さん、そして、近い身内の方が集まっての家族葬。お話を伺うと、故人は多くの方に慕われていらしたようで一般葬でされたら、多くの参列者がお見えになったことでしょう

家族葬にしたのは理由がありました。ここでは詳細は書きませんが・・故人の強い意志で、そして、なるほど・・と納得できる理由でもありました。

ご遺族の方々は、葬儀が終わってから、大勢の方が自宅にお見えになるだろうと、なぜ教えてくれなかったのかと言われるだろうと、よく指摘される「家族葬のデメリット」についても充分わかっていらっしゃいましたし、「だから、お詫びの意味も込めて自分たちでこのお礼状を作ったんです」と話してくださいました。

身内だけなので、通常行われるご葬儀最後の遺族挨拶はしないとのこと・・・ それで、このお礼状読まれたらいかがですかとご提案。

事後報告になってしまったけれど、葬儀社様の社員である担当者に「子ども様が、お礼状を読まれます。」と申し上げたら「泣いて読めないんじゃないの・・」と少しだけ心配げ・・  

私は、もしもの時は私のほうで代読もできるし、それより兄弟が力を合わせて読んでくださると信じていました。そして、涙、涙のご挨拶。ここでのご様子はあえて省きますが、素敵な時間だったように思います。

その後、感謝一杯の言葉とお花でお別れをされ、式場から霊柩車へと・・

このとき、柩の後を歩く次女さんが「長持唄」の歌詞を変えて歌われたのです。もちろん、打ち合わせもしましたし、リハーサルだってしていました。

もともとは娘を嫁に出すときの旅立ちの歌。学生時代、民謡を歌っていらしたというだけあって、伸びやかな歌声が小さい式場に響き渡り、とても感動的で、参加者全員(スタッフも含め)涙を浮かべての見送りとなりました。

お柩を霊柩車に納め、しばらく歌が続きワンコーラス歌い終わると、パタンとドアが閉まり、「お父さん、ありがとう」と叫ばれたのも印象的。

子どもを信じ、愛し、守ってくれた父を見送る手作り感あふれるご葬儀でした。

ブログ記事一覧

記事一覧

代表者(森田理恵子)
プロフィール

経歴

1980年3月

鹿児島短期大学音楽科卒業。

ピアノ講師として子どもや大人のレッスンをする傍ら、婚礼でエレクトーン・ピアノ演奏をしていたが、1998年、縁あって某大手葬儀社にて司会・ピアノ演奏・アテンダント・控室の清掃など、葬儀現場の女性の仕事を請け負うようになる。 葬儀現場における様々な業務に従事し、葬儀を一から学ぶ。

2001年
有限会社エムアール・コーポレーションを設立。
2007年

ある思いからその某大手葬儀社との契約を解除。

社員・スタッフはその葬儀社に移籍、一人でゼロからの再スタート。

2015年
一般社団法人自分史活用推進協議会認定 自分史活用アドバイザー資格取得。
2017年
一般社団法人グリーフサポート研究所認定 グリーフサポートバディ資格取得。
2018年現在

約10社からの司会・ピアノ演奏の依頼を受け、スタッフを派遣。自らも司会者として奮闘中。

もっとご遺族の為にできることがあるのではとの想いから2015年より、株式会社ジーエスアイで、以前から興味のあったグリーフサポートを学ぶ。

2018年
一般社団法人グリーフサポート研究所認定 セレブラント資格取得予定。

ページトップ

有限会社エムアールコーポレーション

鹿児島市伊敷1丁目14-8TEL:080-2708-3087 FAX:099-833-3026Mail:madoguchi@deainosougi.com

Copyright (c) であいのそうぎドットコム All Rights Reserved.